結婚式、お金ない時どうする?体験談と解決の裏ワザ

結婚式、お金ない時どうする?体験談と解決の裏ワザ > 結婚式、お金ない!挙式費用、ご祝儀がない時の裏ワザ

結婚式、お金がない!どうすればいいの?


「結婚式」それは人生に一度の晴れ舞台。



一生記憶に残る良い式を挙げたいし、親族・友人・同僚から招待されたら、心から祝福したい大切なものです。

しかし招待する側も、される側もお金がかかるのが結婚式。

ここでは最も一般的な、結婚式にまつわるお金の悩みを、新郎・新婦・新郎新婦の親・親族・友人・同僚の体験談と共に、結婚式のお金の問題を解決する方法を、ご紹介いたします。


挙式費用の不足分や、披露宴に招待された場合のお金の不足分を借りる場合、親や友人には絶対に頼めません。

「お祝い事のお金も用意できない」という評価は、その人の価値を著しく下げるからです。

結婚式がきっかけでキャッシングやカードローンを初めて利用するという方が非常に多いのですが、中でも以下の2つのカードローンが人気です。

 

結婚式のお金がない時、みんなどうやって解決したの?


それぞれの会社によって特性が異なりますので、借りたい額や、返済方法を把握したうえで、借入先の会社を選びましょう。

特に融資の限度額と、返済プランを事前にシミュレーションできる会社の場合は、必ずチェックしたいところです。


「借入診断」「返済シミュレーション」が公式サイト内にある場合は、必ずチェックしてみましょう。

特に借入が初めての場合は、返済までしっかりイメージすることが重要です。

挙式費用がない!足りない新郎・新婦と両親の体験談

 
現在、結婚式にかかる平均費用は360万円と言われています。

結婚式をあげることを決めた新郎新婦は、式場を決めをはじめ、招待客のセレクトなど、様々な決断を下していきます。

その途中で必ず発生するのが当初予定していた予算と、実際にかかる金額のギャップ










予算をオーバーした場合、新郎新婦が自分の親に差額分を負担してもらうというケースが多いのですが、この不況下で親に頼れないという方も少なくありません。

そうすると挙式の規模を縮小すればいいのではないかと考えがちですが、すでに招待した相手に、招待した側から出席を取りやめてもらうような失礼なことはできません。

そこで、多くの新郎新婦が挙式の費用を借りるという選択をします。

また、新郎新婦の親が「挙式費用が足りないからお金を貸してくれ」と自分の息子や娘から頼られた場合、全ての親が、手持ちのお金でカバーできるわけではありません。

そんな場合、親御さんが足りない挙式費用を借金するというケースも、非常に増えています。

この挙式費用の不足を解決するための借金について、詳しく説明いたします。



ケース1:【結婚式、お金ない!新郎の悩み】

読みが甘すぎた!
挙式2週間前に、自己負担分80万円のメドが全くつかない事態に!
ブライダルローンの審査なんて待ってる時間がない・・・
→詳しい体験談と解決方法はこちら


ケース2:【結婚式、お金ない!新婦の悩み】

ショック!式場とドレスにこだわったばっかりに大赤字決定!
今更、ドレスを1着に変更なんてできないよ~。
→詳しい体験談と解決方法はこちら




ケース3:【結婚式、お金ない!新郎の父の悩み】

嫁の父親も経営者。
息子のためにも(
自分のメンツのためにも)支援してやりたいところだが、自分の会社は自転車操業で火の車・・・

一体どうすればいいんだ?
→詳しい体験談と解決方法はこちら


ケース4:【結婚式、お金ない!新婦の母の悩み】

女手一つで育てた娘が、やっとつかんだ幸せ。
なのにドレスも着せてやれないなんて・・・
→詳しい体験談と解決方法はこちら
 

おめでたい機会にお金で悩むことのつらさは「誰にも相談できない」点ですね。そういうときこそ、しがらみもメンツも関係ないキャッシングやカードローンに救われる方も多いようです。

続いて、結婚式に招待されたけれど「ご祝儀や諸々の費用がない!」という、招待される側の体験談と解決方法をお伝えします。

ご祝儀や挙式参加費用が足りない招待客の解決方法


結婚式は、招待される側にとっても、出費の多いイベントです。

親族・友人・同僚など、新郎新婦との関係は様々ですが、どんな関係であっても、お金がかかることに違いはありません。

しかし、せっかく招待していただいた結婚式を「お金がない」という理由だけで断ることは絶対に避けたいですね。



まず、ご祝儀。

現在、ご祝儀の平均相場は地方や立場によっても変わってきますが、友人・同僚が披露宴に招待された場合30,000円が平均的な相場となります。

これは披露宴に招待された場合、食事や会場費を新郎新婦が負担しているため、その参加費用としての意味と、純粋なお祝いの意味での合計が3万円となる考え方です。

まれに披露宴に招待されて20,000円というご祝儀をご用意する方がいますが、これは招待する側の新郎新婦からしても、不本意な額であることは否めません。




また、新郎新婦の上司、年上や、祝辞を述べたり乾杯の音頭をとる、上司や年上の友人、また夫婦で招かれている場合は、3万では済まなくなります。
→新郎新婦との関係別ご祝儀の相場

最近は礼服どころかスーツを持っていない方も多く、肌の露出が高いカクテルドレスを着用する女性の場合は、短期のエステに通う方も多く見られます。

その理由は晩婚化とともに、出会いの場が少なくなった昨今、結婚式やその二次会が、異性との出会いの多くを占めているからであり、そこに標準を絞って、自分磨きにお金をかける女性も増えているのです。

この出会いの場である二次会の参加費も含めると、単純にご祝儀だけを包む3万円から、場合によっては20万円近い金額を使う招待客もいるため、結婚式が連続した場合、多くの方が、財政的にピンチに陥ってしまうのです。



それでは、招待された側が、ご祝儀やその他の費用をどのように準備したかを、ケース別に説明いたします。


ケース5:【結婚式、お金ない!新郎の従兄の悩み】

自分のハワイ挙式に自腹で来て写真撮影してくれた従弟に「金がないから」なんて断れない!
→詳しい体験談と解決方法はこちら


ケース6:【結婚式、お金ない!新婦の同僚の悩み】

同期の彼女の結婚相手は開業医。旦那の医大仲間を絶対ゲットしたい!
→詳しい体験談と解決方法はこちら
 
ケース7:【結婚式、お金ない!新郎の友人の悩み】
 
 
3か月で大学時代の友人の結婚式がなんと5件。頼むから日程ぐらい調整してくれ~!
→詳しい体験談と解決方法はこちら


 

結婚式、お金ない!どうすればいい?


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

皆さん、おめでたいことだけに、人に言えない苦労がありますね。

しかし、結婚式というのは、招く側にとっても招かれる側にとっても、非常に縁起の良いイベント。

ほとんどの式場は風水的にも良い立地ですから、招待される場合は断らずに出席する方がいいに決まっています。

しかし、カードローンやキャッシングに「怖い」「後ろめたい」という印象を持つ方は多いでしょう。

それは当然の心理です。
なぜならカードローンもキャッシングも、借金」だからです。

しかし、
無理のない返済プランさえしっかり立て、それをきちんと守りさえずれば、カードローンやキャッシングは怖いものではありません

そのためにも、自分が必要な額をすぐに借りることができて、毎日の生活を圧迫しないような返済プランさえ事前に把握できるのなら、カードローンやキャッシングは、あなたの強い味方になってくれるのです。

あなたが笑顔で、結婚式を楽しめますように。



ここまでお読みいただき、ありがとうございました。